車の下取り査定の秘密

車の買換えを検討するとき、今乗っている車は下取りに出すもの。と考えている人も多いですよね。購入店に今乗っている車を下取りしてもらうことで、新車購入代金の足しにできる下取りは非常に便利ですが、その仕組みというのはあまり知られていないようです。実は下取りは損とも言われているのですが、下取りの秘密について調べてみました。

下取りされた車というのは、ディーラーが直接販売するのではなく、系列の中古車販売に運ばれていくことが多くなります。そこで点検整備を行って、店頭で販売をするため、比較的中古車を購入したいというユーザーのニーズに合わない車も多くあります。ニーズに合わないということは、それだけ販売しにくいということにつながります。商品として陳列してもなかなか回転がつかない状態が続けば、当然それだけ保管コストなどが掛かってきてしまうので、中古車販売店としてはコストを見越して仕入れをしなければならなくなります。

つまり、できるだけ安く中古車を仕入れなければならないということになります。つまり、中古車として車を下取りするときには、できるだけ安い査定をして引き取りたい、ということになります。そのため、買取店よりも安い査定が出てしまうことが多いんです。