カブ号とマルシン出前機

先日ブラジルに里帰りした青年がママにプレゼントを渡すという番組を見ました。ママは日本食のデリバリーレストランをやっているのですが、その配達先に行くためには「悪魔の道」という整備されていないでこぼこの道路を通る必要があります。しかし配達先に着いたら商品のおにぎりやうどんは、とても料金がとれる状態ではなくなっています、それが「悪魔の道」と呼ばれる所以です。

そのデリバリーにはバイクが使われています!フルフェイスのメットでしっかり決めたお兄ちゃんもこれには手を焼いています。そこでこの青年はこの「悪魔の道」でもオッケーな、自転車やビジネス用オートバイに おかもち などを積載するための装置である・マルシン出前機をプレゼントするのです。

もちろん マルシン出前機のみが空輸されてますから現地のバイク屋さんもそれを見てもチンプンカンプン!しかし彼らもバイク屋さんの意地にかけてそれをバイクにとりつけます。そのあとはご想像の通りです。しかし現在の日本ではこのマルシン出前機、見かけることはもちろんありますがその効力は日本の現在の道路状況から見て必要ないかもです。

バイク買取 バイク王 一括査定